若のミストフィールド

「強いトレーナーはどんな対戦ルールでも勝つ」が持論

HGSS GSルール クロバ&ウイン

 WCS2010本番前に作ってポケモン広場で廻していたパーティです。

ノオーツー、サルキア、ギラグロスが流行っていたのでそれに対抗できるようにしてました。怒濤の10連勝を達成したこともあります。

 

      f:id:ha_ri_wakasan:20121226223825g:plainf:id:ha_ri_wakasan:20121226223849g:plainf:id:ha_ri_wakasan:20121226223910g:plainf:id:ha_ri_wakasan:20121226223924g:plain

     

クロバットウインディディアルガパルキア 
特性 精神力 威嚇 プレッシャー プレッシャー
持ち物 拘り鉢巻 命の珠 オボンの実 ハバンの実
性格 陽気 いじっぱり ひかえめ 臆病
技1 ブレイブバード フレアドライブ 竜の波動 亜空切断
技2 とんぼ返り 噛み砕く 波動弾
技3 怒りの前歯 神速 火炎放射 ハイドロポンプ
技4 守る 手助け 守る 守る

 

 

<各ポケモンの解説>

f:id:ha_ri_wakasan:20121226223825g:plain

 最速です。

攻撃は手助け拘りブレバで耐久ふってないパルキアカイオーガを1撃で持っていけるラインに調整。守るは先発オーガルンパ、ノオーツー用に。

猫騙しが効かないので、それを活かしての初見殺し要員です。

 

f:id:ha_ri_wakasan:20121226223849g:plain

 ほぼHAぶっぱ。ノオーツーを見たらウインに有効打がない読みでミュウツーに突撃させます。珠フレドラ&珠神速でミュウツーは落ちます。フレドラは凍っても使えるので安心です。

相手先発がサルキアでこっちがクロバウインの並びだと、相手猿は守るもしくはウインに猫騙しをしてきます。そこを読んで猫騙しよりも早い手助けを使い、クロバが隣のパルキアを落としにいく作戦がかなり決まります。

相手によっては威嚇が面白いぐらい刺さることがあり、この技構成だと、ギラティナメタグロスユキノオーに、神速ではトリルからのドーブルに対抗できてかなり頼りになります。カイオーガの体力を無理矢理削りにいくこともあります。

火傷しないのも地味に大きいです。私以外にウインディをGSで使う人は見たことがありません。

 

f:id:ha_ri_wakasan:20121226223910g:plainf:id:ha_ri_wakasan:20121226223924g:plain

 先発2匹ではカイオーガに対抗できないので、後ろには水を半減できるポケモンが必要でした。

まずパルキアは確定。よくある配分で使ってましたがやはり使いやすい。ハイポンはきついバンギラスへのピンポイント。

もう1匹は第4世代GS最強(と勝手に思ってる)のディアルガ。配分はほぼHC。

伝説枠はあまり考えずに選んだので改良の余地有りです。

 

<総評>

 現環境だとちょっと通用しないと思います。オーガルンパや後から流行ったキッスオーガに何もできないですし。とにかく先発カイオーガに弱い。そのせいで本番では使いませんでした。

ノオーツー、サルキア、ギラグロスには強いですが、それ以外は結構厳しいと思われます。

ちなみに、

ウインディ引っ込める→クロバットとんぼ返り→ウインディ再登場&威嚇再発動

という面白いこともできます。これでグラクレセを凌いだこともあったり。